サイトマップ

金利計算が難しくてよくわからない

カードローンで難しいと言われているのが金利計算です。計算が難しい理由は、利息が日割り計算で行われる点と、元金、すなわち残債がその都度変化する点です。例えば年利18%で10万円借入れした場合、1年でかかる利息は18000円です。

 

しかし、実際に払う利息はこうはならないのです。例えば1ヶ月後に1万円返済した場合、その時点までにかかった利息をまず計算します。30日であれば、18%で30÷365をかけた分だけの利息がかかります。返済した1万円から利息分を差し引いた金額が、元金の返済に充てられます。

 

これをその都度計算していくのはとても面倒です。しかし、カードローンを利用する以上、いくら返済して、元金がいくらになるのか、いつ完済できるのか、これらは把握しておくべき情報です。ですが、実際にこれらを細かく手計算している利用者はほとんどいないので安心してください。

 

カードローンを組む時でも、組んだ後でも、返済のシミュレーションは簡単にできるようになっています。毎月の返済をいくらにすれば何カ月で完済できるのか、また、計画している期間で完済するには毎月いくら返済すればいいのか、これらはいつでも確認することができます。

 

返済シミュレーションは、カードローンの利用状況を把握するために積極的に利用しましょう。

 

また、金利以外にもATMを使うと手数料によって返済の金額が減ってしまう場合もあるので、なるべくならオリックス銀行カードローンのATM無料のサービスを活用しましょう。